お知らせ

【緊急】大量に輸入された機能しない粗悪な不良品マスクを掴まされないよう!

お知らせ

 

いつも株式会社イミューゼンのオフィシャルサイトをご覧いただきまして誠にありがとうございます。

 

汚れが付いた不良品のアベノマスクが回収するといった騒ぎがあり、そのアベノマスクは未だ手元に届かない状態ですが、皆様のお手元に届きましたでしょうか?このような事象をあざ笑うかのように、通販や市中に不織布マスクがポツポツと出回り始めました。

 

中国では新型コロナウイルスの感染拡大がある程度抑えられたことにより、経済も回り出し、今まで必死に確保していたマスクがダブつき、そのマスクが日本に漂流?している状態ですが、世界ではまだ新型コロナウイルスの感染の恐怖が残っていることからマスクの奪い合いは水面下で繰り広げられている状態です。

 

ゴールデンウイーク前後に大量のマスク供給があった中で1つ大きな落とし穴が待っていました。

品質の担保がない粗悪な不良品マスク

 

マスクに限らず中国製の商品は昔から安かろう悪かろうでガンガンおしてきた感じはありますが、昨今はそれもある程度改善してきて品質も左程悪くなくなったのですが、今回のマスク奪い合いによるプチパニックで、昔の中国製品の悪い部分が出没してしまいました。

 

この粗悪な不良品マスクの発覚のおおもとは、中国とも深い繋がりのあるEUです。医療大国でもあるドイツがマスクなどの医療用品の輸出禁止を唱えるとEU諸国でドイツから医療用品を輸入していた各国は入手経路を絶たれ、中国からのマスク調達に乗り出しました。

 

新型コロナウイルスの感染隠蔽や感染拡大の矢面に立たされている中国はこの状態を打破し、ある国から武漢ウイルスと命名され、ウイルスの発生を許した国の名誉挽回を狙い、マスクの大量供給を始めました。

 

その結果、中国政府が認定した工場以外でもマスクは生産され、防塵室(クリーンルーム)で生産されている保証がないことから、マスクの品質管理や品質保証が担保できないことから、アベノマスクでも話題になりましたマスクが髪の毛やゴミが混じっていたり、汚れていたりとマスクとして使うに躊躇するようなものが大量に出来上がり、それをチェックする検査機関が生産数に全く追い付かず、チェックされない粗悪な不良品マスクが大量に出来上がりました。

 

粗悪な不良品マスクができるもう一つの理由として、これだけマスクを短期間かつ大量に供給すれば自ずと生産原料も不足になり、その原料の仕入値が高騰します。余りにも供給しすぎてしまったマスクの不織布原料でもある【メルトブローン(ポリプロピレン)】が、新型コロナウイルス以前の20~40倍に高騰してしまったため、粗悪な不良品マスクでは適量に満たない量のメルトブローンしか含有されてなかったり、酷いものはメルトブローンが全く使われなかったりして、マスクの機能を果たせないといったことです。

 

このことにいち早く反応したのがEUのオランダです。オランダは、3月第4週に中国から輸入されたN95のマスク130万枚のうち、半分弱に当たる約60万枚が規格に満たない不合格品で、マスクで1番重要な濾過機能(PFE、BFE、VFE)が低いという理由から残りの全ても処分すると発表しました。その他のEU諸国でも同じような問題が勃発し、EUから怒りを買った中国は、政府が4月18日付けで輸出マスクの管理を厳しくしました。

 

具体的には、【医療用か否かの明記】と【包装は小売りができる形か】といったことです。この規制によって、これまでのように簡単に粗悪な不良品マスクは輸出はできなくなりましたが、その規制の網をゴールデンウイーク前後で潜り抜けた粗悪な不良品マスクが大量に日本へ上陸しているわけです。

 

ドラッグストアは、ブランドイメージがありますので、このような粗悪な不良品マスクをお客さんに売ることはできません。粗悪な不良品マスクか否かを判断するのは、中国からの輸入品の場合、政府が認めた工場で生産され、決められた原料が適正に使われ、製品が公的機関によって検査され、規格をパスしているかどうかといったことです。このようなことからよく分からない輸入元からのマスクは品質保証の担保ができないことで未だにドラッグストアではマスクが品薄状態となっております。

 

ゴールデンウイーク前後に粗悪な不良品マスクが中国から大量に日本へ上陸しましたが、ドラッグストアには上記理由から見向きもされないことから大量の粗悪な不良品マスクの余剰を捌くため、輸入業者はその矛先(卸先)を街角の飲食店や小売店、通販業者といったところをターゲットとして営業をかけた結果、ゴールデンウイーク前から街角のの飲食店や小売店、レンタルスペースの露店などでマスクが安く出回り始めることとなりました。もちろん全てのマスクが粗悪な不良品マスクということではないと思いますが、高頻度でそのようなマスクが混じっている可能性が高いのです。

 

一般的な内科や小児科、歯科などで使用されるKN95やN95以外のサージカルマスクは、ドラッグストアで販売されるマスクよりも一段と厳しい規格のパスが求められますことから、粗悪な不良品マスクの煽りを受け、更に品薄状態となっております。

 

今まで緊急事態宣言で巣ごもり的で外出する機会が減っていたため、あまりマスクを着用する機会が少なかったですが、今後は緊急事態宣言が解除され、街に人が戻りはじめます。そうなりますと新型コロナウイルスの感染確率は大きく上がるため、緊急事態宣言が解除された後も当分の間は、ソーシャルディスタンス(SD)や3蜜を避けるための外出自粛、マスク着用は続くと予想されます。

 

ゴールデンウイーク前後に入ってきた粗悪な不良品を含めたマスクの在庫は5月末くらいには無くなる予想で、6月以降は

 

・緊急事態宣言解除後の外出増加
・メルトブローンといった原料の高騰継続

 

といったことから日本に輸入されるマスク数も減りながらも使用する機会は増えるといったまたマスクの需要と供給のバランスが崩れる予想を感じさせます。

 

新型コロナウイルス以降、マスク価格は不安定に下がったり上がったりを繰り返しています。6月以降高騰しないことを祈りつつ…

 

安売りで購入したそのマスク…本当に大丈夫でしょうか?安くなるには理由があります。今一度、適正なマスク利用で大事な人に「うつさない」といったことを考えた上で、購入いただければと思います。

 

中国政府認定工場にて生産されたPFE95&BFE95&VFE95対応といったサージカルマスクの購入につきましては下記バナーからお願いいたします。

 
 

PFE95・BFE95対応サージカルマスク
PFE95・BFE95対応サージカルマスク

 
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Other Contents

運用コンテンツ

株式会社イミューゼンにて運用しております、その他のコンテンツとなります。
このコンテンツで培われました知識やマーケティング技法、経験を基にクライアント様へ情報をフィードバックさせていただいております。

  • 美容系サロン開業完全サポート
  • 病院での集患&増患困っていませんか?
  • スマホマーケティングで集客&売り上げが大幅UP
  • 制作会社へのサポートコーディング代行
  • FIVE LASH
  • 経営マインドを育てるMG研修